屋根から降りられなくなった猫

うちで飼って要る猫がこういうまえ広間から脱走し、いつしか屋根の上に上がっていました。
最初は脱走したことに気づかずにいたのですが、「ニャーニャー」って鳴いているので
どこから本音がやるのだろうと思って外側にでてみたら屋根の上からでした。
どうも降りられなくなってしまったようです。
降りようとする姿勢は何度も取るのですが、大きいすぎて何とか苦しみみたいで、
何度も下りる姿勢をとっては止めるというのを繰りかえしていました。
いざこんな良いとこから飛び降りたら骨を折るなどの大怪我をしてしまうと思います。
なんせおっきいとこなので、脚立をもちましてきても届かず、どうしたらいいか困っていました。
猫も降りたいみたいで、始終鳴いていました。
本当にどうしたらいいのか困り果てていたのですが、近くにダンボールケースが置いてあったので、
これを猫のいるポイントのすぐ下まで持っていって土台にしようと考えました。
うちの猫は3㎏前後しかないので、猫が降りても何とか支えられるだろうと思ったからです。
猫の近くまでダンボールをもちましていくと、猫もそ~という乗り物を伸ばしてダンボールに退職しました。
丸々じっくりダンボールを下げて赴き、何とか猫を降ろすことができました。
やれやれだ。

鬱でもできるかぼちゃ

ようやく冬季がやって来ます。冷え性にとってはとってめ悲しい時季だ。寒冷は寒冷も、わたしは尖端冷え性だ。手足がキンキンに冷えてしまい、つらいぐらいだ。なので、日々寒い季節には寒冷結論を様々施しています。
冬に欠かせないものの一種がセンターがボアになっているモコモコブーツだ。オーストラリアのブランドUGGが津々浦々上陸して以後、冬のモードの鉄板になりましたよね。UGGは2万円限りするのでさんざっぱらわたしにはアームが出せません。そこでいち押しなのが、イトーヨーカドーのプライベートブランドgood dayのモコモコブーツだ。2390円とお手頃予算なのに、とてつもなく優しいのです。しかもイトーヨーカドーの愉快デーに購入すれば5%休みになってもっとお得になります。わたしは日々秋にこういうブーツを買ってはじめ冬季で履きなぎ倒します。
もっとこういうブーツの中にディスポーザブルミニカイロを入れれば無敵に温かいだ。歩き限定カイロはどうにも単価がするので、普通のミニカイロでオーケー。外出時はこんな感じで防寒して乗り切っています。
家の中でも、一家をしている時はモコモコスリッパを愛用しています。本当は湯たんぽブーツで一家をしたいのですが、お湯が入っているので重くて駆け辛いのです。なので、湯たんぽブーツは寛ぎ時刻用だ。
とことん寒冷結論はやるものの、とにかく寒いのが冬季というものです。未だに11ひと月ですが、早くも春が待ち遠しいです。